So-net無料ブログ作成

言葉の誤用 [日誌・雑感]

間違った意味で使われている言葉、結構たくさんありました。

役不足
正しくは本来の能力より軽い仕事や役割を与えられる状況のこと。
「力不足」や「荷が重い」という意味で使われてることが多いですね。
スラムダンクとか幽遊白書でそう覚えちゃってました(^O^;)

煮詰まる
正しくは考えやアイデアが出尽くして、結論に近づいている状態。
行き詰まるという意味ではなかったです。


あと二重表現もよくやってしまいがちです。
普段から気をつけたいと重います。

【使われがちな二重表現】 ◆一番最初/一番最後(正:最初/最後 ※「最」は一番の意味) 
◆まず最初に(正:まず/最初に)
◆馬から落馬する(正:馬から落ちる/落馬する)
◆尽力を尽くす(正:尽力する/尽くす) ◆一番ベスト(正:ベスト)

◆雪辱を晴らす(正:雪辱する/雪辱を果たす)
◆はっきり断言(正:はっきり言う/断言する)
◆あらかじめ予告(正:予告する)
◆内定が決まる(正:内定する)
◆捺印を押す(正:捺印する)
◆初デビュー(正:デビュー)
◆今の現状(正:現状)
◆今現在(正:現在)
◆不快感を感じる(正:不快感を覚える/不快感を抱く)
◆思いがけないハプニング(正:思いがけない出来事/ハプニング)
◆引き続き継続する(正:継続する)
◆期待して待つ(正:期待する)
◆返事を返す(正:返事をする)
◆余分な贅肉(正:余分な肉/贅肉)
◆元旦の朝(正:元旦 ※「元旦」は1月1日の朝のこと)
◆新年明けましておめでとうございます(明けましておめでとうございます ※「明ける」は、旧年が終わって新年になるという意味)
◆連日暑い日が続く(正:連日暑さが続く/暑い日が続く)
◆必ずしも必要ない(正:必要ない)
◆壮観な眺め(正:壮観)
◆全て一任する(正:一任する ※「一任」は、全部任せること)
◆挙式を挙げる(正:挙式をする)
◆かねてからの懸案(正:懸案)
◆あとで後悔する(正:後悔する)
◆お歳暮(お中元)の贈り物(正:お歳暮(お中元) ※「お歳暮」は、世話になった人などに年末に贈り物をすること。また、その贈り物)
◆クリスマスイブの夜(正:クリスマスイブ)
◆各位様/~様各位(正:各位 ※「各位=皆様(方)」。「各位」という言葉に敬意が込められているので「様」は不要)
◆慎重に熟慮する(正:熟慮する)
◆平均アベレージ(正:平均/アベレージ)
◆頭痛が痛い(正:頭が痛い/頭痛がする)
◆春一番の風(正:春一番)
◆昼食のランチ(正:昼食/ランチ)
◆過半数を超える(正:過半数に達する)
◆本来から/本来より(正:本来)
◆まだ未解決/まだ未定/まだ未完成(正:未解決/未定/未完成)
◆約10個くらい(正:約10個/10個くらい ※「だいたい10個くらい」も二重表現)
◆炎天下の下/炎天下の中(正:炎天下)
◆製造メーカー(正:製造会社/メーカー ※「メーカー」とは製造会社の意味) 
◆日本に来日する(正:日本に来る/来日する)





nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。